The EDB Blog
March 28, 2011

Last week, Oracle’s announced its decision to discontinue all software development on the Intel Itanium microprocessor. Apparently, Oracle contends that its decision was predicated on Intel’s “faltering commitment” to Itanium. The reporter surmises that Oracle wants HP's enterprise server money, and this is a means to that end.

この発表の翌日、The Register reportedはIntelの社長兼最高経営責任者(CEO)であるPaul Otellini氏の反駁的声明を発表しました。「Intel Itaniumプロセッサとプラットフォームに関するIntelの取り組みは、現在開発中でスケジュールどおりの複数の世代のチップで絶え間なく続いている。我々は、Itaniumアーキテクチャーを実行するHP-UXやその他のオペレーティングシステムのお客様に、競争力のある、多世代のロードマップを提供することにしっかりと取り組んでいます。」また、前述の記事では、HPの声明も伝えています。「…Sparcサーバーの売上の激減や、Oracleのソフトウェアを使用したい場合に顧客に独自のサーバーを購入させたいというOracleの欲求の結果である「Oracleの反顧客行動」にもかかわらず、HPは顧客をサポートし続けています。」

So, what are the options for HP-UX customers running Oracle? One option (that Oracle is betting against) is a database migration to PostgreSQL. To date, PostgreSQL has not supported the HP-UX platform very well. This will change in early Q2 when EnterpriseDB introduces full support for the HP-UX platform via our Postgres Plus Advanced Server. EnterpriseDB's Postgres Plus Advanced Server provides a comprehensive Oracle compatibility solution. Postgres Plus Advanced Server lets you replicate your applications and the data from production Oracle databases to Postgres Plus seamlessly, with virtually no need to re-write your application.  

我々のソリューションは、レポート作成やビジネスインテリジェンスのアプリケーションなどの幅広いユースケースをサポートしています。また、企業がビジネスを実行するために使用する他のほとんどのエンタープライズアプリケーションもサポートしています。HP-UXのお客様で、引き続きHPのハードウェア性能を活用したい場合は、EnterpriseDB経由でOracleからPostgreSQLに移行することを検討してください。(控えめに言っても)多額の費用を節約できます。より多くのOracleロックインを回避し、HP-UXサーバーへの貴重な投資を引き続き活用できます。ハードウェアとPostgreSQLデータベースソフトウェアの両方が長期的にサポートされると確信しています。

Ed.Boyajian's picture

Ed Boyajian, President and CEO of EDB, drives the development and execution of EDB’s strategic vision and growth strategy in the database industry. Ed joined EDB in 2008 after six years at Red Hat, where he rose to Vice President and General Manager of North America. He played a central...