Take a look at our new cloud database service.

セキュア、サポート付き、エンタープライズに対応

Postgres Plus Cloud Database (PPCD) meets the most demanding needs of enterprise-class applications with a rich feature set, elastic scalability, and reliable high availability, all available at your fingertips with an easy-to-use dashboard. Drive your web business's financial transactions, catalog sales, or customer business intelligence. Quickly set up and take down standard development, test, and deployment environments. Support diverse database workloads including ACID-compliant relational information, and built-in NoSQL document and key-value datatypes.

機能詳細

The PPCD console is used to deploy Postgres databases to Cloud server instances. The first database deployed to an instance becomes the master database. If replica instances are selected, they will be created in a cluster with the master database.

The master database, all replica instances, and Amazon storage for the database all exist in your AWS account, while PPCD consoles are owned and operated by EnterpriseDB.

The architecture of the
PPCD
management console
and customer
database cluster,
showing the console
managing a database
cluster by using
Amazon EC2,
and showing how
applications access
the database cluster.
Cloud Server

各データベースクラスタには、アプリケーションの接続先となるロードバランサーが含まれています。ロードバランサーは、アプリケーションから着信要求を受け取ると、クラスタ内にあるすべての読み取り専用レプリカ間で読み取り要求を分散します(ただし、レプリカが存在しない場合は除きます。レプリカが存在しない場合、マスターがすべての要求を処理します)。書き込み要求は、マスターデータベースに直接渡されます。

アプリケーション側から見た場合、クラウド内に存在するPostgreSQLやPostgres Plus Advanced Serverインスタンスに接続することは、従来型のハードウェア上に存在するインスタンスに接続することと何の違いもありません。 

データベースクラスタ内にあるマスターデータベースのフェイルオーバーを管理するために実行する手順。                

 

アプリケーションは、Postgresデータベースに初めて接続する場合、サーバークラスタの作成時に定義されたロールを使用して、サーバーに対する認証を行います。すべてのIDEと開発ツールは、クラスタの作成時に提供されるアドレスとポート情報を使用して直接データベースに接続します。

自動フェイルオーバーにより、データの損失とダウンタイムを最小化できます。サーバー障害が発生した場合、ユーザーのニーズに応じて、2つのフェイルオーバーモードが適用されます。「トランザクション優先」モードはデータの損失を防ぎ、「リカバリ優先」モードはできるだけ早くオンライン状態への復帰を試みます。

ストレージ用のLogical Volume Manager(LVM)は、ストレージをアグリゲートすることにより、実行中のアプリケーションの動作を中断することなく、ストレージのスケールアップを実現します。自社のデータベースをプロビジョニングする場合、格納されているデータを暗号化するかどうかを選択できます。

     

論理ボリュームマネージャ(LVM)は、ストレージをアグリゲートしてクラスタを形成することにより、データベースの実行に悪影響を及ぼさずに、クラウドストレージの透過的なスケーリングを容易化します。

すべてのデータベース配備は、他の顧客と共有されることがないプライベートインスタンスを使用しています。これによりセキュリティが改善されパフォーマンスが安定するだけでなく、必要な設定や運用に関する変更を行うことで、各自のデータベースを自分固有のものとして扱うことが可能となります。

 

無料でPPCDを試す
FAQ
サポート