EDB Postgres Arkプラットフォーム

セルフサービスのデータベースプロビジョニングとエンタープライズ対応の制御機能

柔軟性と制御

EDB PostgresプラットフォームのコンポーネントであるEDB Arkを使用すれば、独自のDBaaSを構築することができます。これによりエンドユーザーは、高可用性と安全なクラスター構成で、もしくはアマゾン ウェブ サービス (AWS)やMicrosoft Azureが提供するパブリックおよびプライベートクラウド上のアプリケーション開発用サンドボックス向けに、シングルインスタンスにEDB Postgres Advanced ServerPostgreSQLデータベースをプロビジョニングできます。

 

制御

複数のクラウドデプロイメントの管理に適したDBaaSプラットフォーム

 

直感的なUI

複数のクラウドや利用可能ゾーン間のデプロイメントを管理するための統一UI

 

エンタープライズ対応

データの暗号化、ロードバランシング、およびマルチゾーンレプリケーションを備えた可用性の高いクラスター

 

クラウドへのデータマイグレーションは、ArkとEDB Postgresを併用しても簡単に行えます。

プラットフォームの可用性

EDB Arkは、次のような複数のデプロイメントプラットフォームで利用できます。

Arkのメリット

クラウドに切り替える機会をつかむ

EDB Postgres Arkは、エンタープライズPostgresデプロイメントのプロビジョニングプロセスを簡素化する一方、クラウドコンピューティングの利点を活かします。

EDB Postgres Ark では次のことができます。

  •  

    Postgres クラスターの構築が容易

  •  

    自動バックアップとリカバリー

  •  

    ロードバランシング、監視、管理

  •  

    安全で透明性の高い接続

  •  

    GUIまたはJSON互換APIを使用するインターフェース

  •  

    直接またはpgPool経由でアプリケーションを接続

  •  

    SSH経由で全データベースにアクセス

Ark構造のグラフィック
Graphic for scale out and scale up

スケールアウトとスケールアップ

EDB Postgres Arkは読み取りパフォーマンスの向上やデータストレージの増強を実現するためにスケールアウトできます。さらに、スケールアップしてRAMやCPUを増強することも可能です。サーバー接続数または使用されるストレージのパーセンテージに関するスケーリングしきい値は、新しいレプリカの追加や、クラスターに割り当てられたストレージの増強を自動的に行うために利用できます。

継続的なデータレプリケーション

Ark クラスターはEDBリプリケーションサーバーと併用することもできます。これにより、SQL ServerおよびOracle Databaseで実行される従来のオンプレミスのデータベースから、Postgresで実行されるDBaaSソリューションまでを橋渡しする完全に統合されたデジタルビジネスソリューションを作成できるようになります。この方法では、移行機能と継続データリプリケーション機能を組み合わせるため、ユーザーは最小限のダウンタイムでオープンソースベースソリューションに移行できます。

データレプリケーションのグラフィック

Postgres Enterprise Manager®との統合

Arkのコンソールは、エンタープライズ管理ツールであるEDB Postgres Enterprise Manager®(PEM)のバージョンと共にデプロイされます。データベース管理者、システムアーキテクト、およびパフォーマンスアナリストはこれを利用してPostgreSQLおよびEDB Postgres Advanced Serverのデータべースサーバーの管理、監視、およびチューニングを行います。

  •  

    サーバーの数が少なくても、多くても、1カ所のコンロールから管理および監視が可能

  •  

    データベースのすべての側面を完全制御

  •  

    事前構成済みのPEMサーバー、PEMエージェント、およびPEMバッキングデータベース

  •  

    PEMウェブインターフェースを使用してArk clusterの高度な監視および管理を実行

EDB Arkについてさらに詳しく知る