White Papers/eBooks

Gartner 2017 OPDBMS Magic Quadrant

The number of vendors recognized by Gartner in the annual OPDBMS Magic Quadrant has decreased nearly 65% since 2015, dropping from 31 to only 11 in 2017. The database industry has consolidated yet EDB continues to support a growing part of the market.

インフォグラフィック: EDB Postgres Advanced Server - Oracleユーザーのメリット

EDB Postgres Advanced Serverは、PostgreSQLに基づいて設計されていて、Oracleとの互換性も含まれています。また、技術的リスクと統合のリスクを軽減し、潜在的な技術的ギャップを減らすよう設計されています。 この互換性により、Oracleの技術を持つ組織は、DBMSの代替品よりも早く、EDB Postgresで構築可能なソリューションを取得できます。このインフォ グラフィックをダウンロードしてください。 詳細については、このブログをお読みください。

インフォグラフィック:EnterpriseDB Postgres データベースソリューションの経済・ビジネスにおける利点

IDC白書「EnterpriseDB Postgresデータベースソリューションの経済・ビジネスにおける利点」にある、エグゼクティブサマリーの情報を見るには、このインフォグラフィックをダウンロードしてください。 そしてすべてのIDC白書をダウンロードし、詳細を確認してください 

 

デジタル競争は始まっている

電子ブック「デジタル競争は始まっている」では、企業がデジタル化に適応する方法をEnterpriseDBが検討します。デジタルリーダーシップを得るために適切なデジタルプラットフォームを選ぶ方法、既存のITをデジタル技術へ橋渡しする方法、そして遭遇しうる課題について学びます。ここをクリックして全文を読む

EDB Postgresデータベースソリューションの経済・ビジネスにおける利点

EDBがスポンサーをしているIDC白書 「EnterpriseDB Postgresデータベースソリューションの経済とビジネスにおける利点」 を読み、EDB Postgresプラットフォームへの3年間の投資利回り(ROI)が168%と、IDCの研究がどうやって決めたのかを理解してください。さらに、この研究では、EDB Postgresプラットフォームを利用することで、顧客は、以前のソリューションやその他のソリューションよりも、ボード全域のコストを削減しながら、拡大するビジネスニーズを満たしているのが分かっています。

EDB PostgresはMySQLユーザーを歓迎

Postgresは、ACIDコンプライアンス、マルチバージョン・コンカレンシー・コントロール (MVCC)、データと参照整合性、サーバー側のプログラム(トリガーやストアド・プロシージャ)そしてきめ細かなアクセスコントロールの長期間サポートしているため、近年になってこうした機能の一部をサポートし始めたばかりのMySQLよりも実績があり、安定しています。

徹底した比較対照ではありませんが、PostgresとMySQLの主な違いと、Postgresで作業するときにデータ専門家が気づくメリットを、以下に示します。

EDB Postgres™とOracle®のビジネスプラクティスの比較

興味のあるデータベースベンダーと仕事するのはどんな感じだろうか、と思ったことありませんか?OracleとEnterpriseDBの、ビジネスの仕方の違いを見てみてください。 価格、更新ポリシー、仮想ライセンス、その他のサービスを見れば、ビジネスパートナーに対するEDBのアプローチは、絶対的に、両者に有利です。 EDB Postgresプラットフォームにより、Oracleから移行できるだけでなく、お客様に利益をもたらすようサポートします。

EDB Postgres EnterpriseとOracle Enterpriseの技術面の比較

EDB Postgres Enterpriseを使って、新しいデータベースを構築することを思いつきながら、必要な機能が備わっているか、またはOracleで使うのに慣れるかが分からず、実行していなかった場合、もうためらう必要はありません。 EDB Postgres Enterpriseを使用して新しいデータベースを構築することを思いつきながら、必要な機能が備わっているか、Oracle での使用に慣れるかが分からず実行されなかった場合、これ以上ためらう必要はありません。

 

Postgresのセキュリティベストプラクティス

この白書は、Postgres データベースの安全を確保し、 保護するためのフレームワークと一連の推奨事項を記載しています。物理的な セキュリティ、ネットワークセキュリティ、ホストアクセス制御、データベースアクセス管理、そしてデータ セキュリティを扱う、多層型セキュリティモデルについても議論します。本書の推奨事項の大半は、PostgreSQL(地域 版)、EDB Postgres™ Advanced Server (Advanced Server)、エンタープライズクラス、 そして EnterpriseDB®(EDB™)からのPostgreSQLの多機能な商品流通に対応しています。

可用性と管理性を強化するPostgresアーキテクチャ

この技術白書は、お客様が可用性と管理性を強化できるように、EnterpriseDB®(EDB™)が推奨する主なPostgres clusteringタイプを体系的に説明します。 共有ディスクcluster、ストリーミングレプリケーションcluster、論理レプリケーションcluster、ハイブリッドcluster(論理レプリケーションとストリーミングレプリケーションを組み合わせたcluster)について検討します。

高コストのOracle DBMSをEDB Postgresで回避

インフラストラクチャの最も影響を受けやすいレイヤーは多くありますが、このデータベースレイヤーは、最大のコスト削減と戦略的メリットにつながります。たとえば、Oracleのライセンス1つだけでも、プロセッサコア(アドオン機能なし)1つにつき$47,500で販売されており、年間の運営費は、すべてのライセンスコストの22%にも当たります。 Postgresの実装は、Oracleのビジネスプラクティスと価格吊り上げに対抗する、賢い代替策です。Postgresを導入することで、設備投資や運営費が減るだけでなく、ITベンダーの適応性も高まります。

自分に最適なPostgreSQLを選択するには

本書では、Postgresのために、4つの企業の採用戦略(そして関連するリスク要因)を検討し、採用計画を立てるお手伝いをします。4つの戦略では、ソフトウェアを採用する際の7つのリスク要因について、よい点悪い点を分析します。7つのリスク要因とは、機能、ロードマップ、技術サポート、製品化までの時間、コスト、ベンダーとの関係性、そしてソフトウェア制御です。本書は、 あらゆるレベルのIT管理者をはじめ、データアーキテクト、アプリケーション開発リーダー、そしてデータベース戦略の意思決定に関わる全ての人を対象に書かれています。 

PostgresにおけるNoSQL機能の使用

本書では、Postgresの強固なリレーショナル適格性の観点から、PostgresのNoSQL機能をレビューし説明します。また、パフォーマンステストについても記述してあり、このテストでは、技術の先端をいくopen sourceリレーショナルデータベースソリューションであるPostgresが、ほとんどのNoSQLの作業を扱うことができる優れたプラットフォームであることを証明しています。